スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
第壱輪 闇の調べ
2005-10-26 Wed 07:07
時代は、誰にも語られることのない頃。
闇の王が世界を震撼させたVana'Dielとは、まったく別の歴史を歩んだVana'Diel。
三国はそれぞれ独立して政権を築き、ジュノを交えた貿易を盛んに行うも、その関係性はほぼ上辺だけで内心冷めた見解を下していた。
先の獣人との大戦時も、三国の協調性は無に等しく多くの犠牲者を出したという。
結果として、獣人の敗退により人間に勝旗が揚がったが、その真相は謎に包まれたままである。
三国の一時的な協戦か、あるいは俗に言う救世主の降臨か…。
いずれにせよ、そんな大戦の傷跡もすっかり消えてしまった現在の三国にとって、それぞれの国に深く関与しないという暗黙の契約が結ばれていることは間違いないであろう。
しかし、そんなVana'Dielに今新たな歴史が刻まれようとしている。
暗くとても不吉な、闇の調べのようなその歴史は、とある一人の少女を巻き込んで静かに始まっていた。



「もーお母さん! いつまで寝てるのー?!」
地はバストゥーク。太陽が頂きに到達するほんの二時間程前。
一人の少女が昼食の支度をしながら、隣の部屋で寝ている母に呼びかけている。
「ううん…。もうちょっと寝か…。」
ゴモゴモした発音で母が答えた。語尾が聞き取れなかったのは布団に潜り込んだからであろう。
「まったくもう。」
少女は少し頬を膨らませ、フライパンを軽く回した。
その手つきは慣れたもの。瞬く間に美味しそうな色合いと香りを生み出していった。
少女の名前はユミ。
長身の低い容姿と、黒い鼻が特徴的なタルタル族である。
後頭部で結んだ髪の色は青く、また瞳も同じ色をしていた。
ただ、右目だけは少し緑みがかかり、左右で若干色合いが違っている。
そして、ユミの母親の名前はナツミ。
彼女もまたタルタル族であり、ユミと同じ髪と瞳の色をしていた。
しかしナツミの場合、両の瞳の色は同じでユミのような違いはない。
ナツミは昔、少し名の知れた魔道士だったとユミは聞かされていた。
先の大戦でも実際に戦場に立っていたとか…。
しかし、今となっては仕事に追われ日々働く一主婦。
たまの休みとなるといつもこの調子であった。
「モグちゃんごめーん。お皿だして~。」
最後の味付けも終わり、ユミはモグを呼んだ。
いつもならすぐに愛らしい声で「クポー」と言いながら飛んでくるのだが、今日は何故か反応がない。
ユミは聞こえていないのか思い、もう一度呼んだが、やはり反応がない。
「モグちゃん?」
ユミはフライパンを置き、モグを探しに行った。
母の部屋を覗いたが、布団に包まる母の姿があるだけで他に人影は見当らない。
ユミは母の部屋を後にし、自分の部屋へと向かった。
扉を開けあたりを見渡す。
するとそこには部屋の隅でうずくまるモグの姿があった。
「モグちゃん?」
ユミは近づいて声をかけた。
モグはまるで何かに怯えるように震えている。
「どうしたの?」
モグを覗き込むようにしてユミはしゃがみ込んだ。
すると、モグは声を震わせユミに言った。
「…世界が…終わっちゃうクポ…。」
「え?」
ユミは言葉の意味が理解できず、聞きなおそうとモグを抱きかかえた。
しかし、ユミが何度話しかけようと、モグはそれ以上何も言おうとはしなかった。
ユミはモグをベッドに運んだ。
全身に汗をかき、顔色も少し悪い。
「ユミ? 何かあったの?」
丁度その時、ナツミが起きてユミの部屋に入ってきた。
目をこすり、髪の毛が四方八方に乱れているのが寝相の悪さを物語っている。
「モグちゃん…具合が悪いみたい。」
ユミは一瞬言葉に迷った。
モグが言った事を母に言うべきか否か…。
「…風邪でもひいたのかな?」
ナツミはモグの額に手を当てながら様子を窺っている。
ユミはその母とモグの姿を見つめていた。
(世界が終わる? …まさかね。)
この時ユミは、モグが言ったことは風邪が見せる幻覚のせいだろうと思っていた。
この時までは…。
スポンサーサイト
別窓 | story line | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
登場人物
2005-10-26 Wed 07:06
ユミ age 16 タルタル族♀
    明るい性格。家庭的で家事を何でもこなす。
    国の学校に通う普通の学生だが、右目に緑みを帯びた瞳を持つ。
    母と二人の平穏な暮らしから、
    徐々に世界の異変に巻き込まれていく。

    
ナツミ age 34 タルタル族♀
    ユミの母親。日々仕事に追われ忙しい毎日を送る。
    性格はズボラでだが、根は真面目。
    言動が少々鈍いのがたまに傷。
    昔は名のある魔道士だったと聞くが…。


モグ age ? 獣人 モーグリ族
    獣人だが、唯一人間と深い信頼関係を築いている種族。
    世話好きで、各家の主をご主人様と呼び一生仕える。
    しかし、その目的や出生など、数多くの謎を持つ。


謎の女 age ?
    頭までフードを被った全身ローブの女。
    黒い炎のようなもので全身を包み、ユミに謎の言葉を残す。
    フードから僅かに覗く口元だけが、
    唯一人らしさを感じさせるが…。


闇の使い
    バストゥークに突如現れた悪魔の子供。
    普通の人には見ることさえできない。
    謎の女曰く、世界の査定をしているようだが…。


リム age 25 ヒューム族♂
    イルキ、ティネスと共に世界の異変を調べている。
    北の地でようやくその異変を発見するが…。
    真面目な性格で、三人の中でリーダー的存在。
    大槍を扱い、飛竜を従える。


イルキ age 26 ガルカ族♂
    リム、ティネスと共に世界の異変を調べている。
    無口で威厳。その口数の少なさのせいか謎も多い。
    爪具を扱う格闘家。


ティネス age 24 エルヴァーン族♂
    リム、イルキと共に世界の異変を調べている。
    顔つきは威厳だが、優しい心を持つ。
    片手剣を扱い、大きな盾で何人(なんぴと)も守り抜く。


スタン先生 age 30 エルヴァーン族♂
    ユミが通うバストゥーク国校の担任の教師。
    少し下げてかけた小さな眼鏡が印象的。
    普段は温厚な性格だが、怒るとその奥の瞳を鋭く細める。


キヨ age 16 ミスラ族♀
    ユミが通うバストゥーク国校のクラスメイトであり、
    古くからの親友。
    大袈裟な仕草をよくするが、それがユミにとって
    何よりの活力となっている。


ジル age ? タルタル族♂
    突如ユミの前に現れた小さな救世主。
    特殊な能力を持っており、人の心を透かす”透心”ができる。
    ひょうひょうとした口調でつかみどころがない。
    ユミが遭遇した謎の女について何か知っているようだが…?

別窓 | 登場人物 | top↑
はじめに
2005-10-26 Wed 07:06
「FINAL FANTASY XI Note of Dark」は、FINAL FANTASY XI(以下FFXI)の一プレイヤーである管理人が個人の閲覧の範囲として製作する作品であり、各社の著作権を侵害するものではありません。
また、作品中登場する人物の名前や容姿、性格なども、現在実際にFFXIをプレイしているプレイヤーと何ら関係のあるものではありません。(…よ?w)
なお、本作品を制作する管理人はまったくの素人である為、誤字、脱字、変文など多数見受けられると思いますが、何卒ご勘弁の程宜しくお願いします。
では、オリジナルとは異なる闇の世界への繋がりを描いた本作、「FINAL FANTASY XI Note of Dark」をお楽しみ下さい。


※本作品はオリジナルのストーリーとは何ら関係ありません。
 ミッション、クエスト等、本作を誤って参考にしないようにご注意下さい。


当サイトに記載されている会社名、製品名、システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
Copyright(c) 2005 SQUARE ENIX CO.LTD All Right Reserved
別窓 | はじめに… | top↑
| FINAL FANTASY XI Note of Dark |

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。