スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
第参輪 ザルカバード
2005-11-20 Sun 08:07
時同じく、地はVana'Dielの最北端、ザルカバード。
黒く落ちた空の下、その大地は全て白一色に染まっていた。
視界はゼロ。激しく振りつける吹雪が行く手を阻む、そうまさにそこは極寒の地だった。
そんな地で、三人の男達が小さな丘の頂で"何か"を調査していた。
「やはりそうだ。」
紫の鎧に身を包んだヒューム族の男が"何か"を見つめて言った。
その瞳は凛々しく、遥か東方を思わせる髷のような髪型をしている。
背には大きな槍を。そしてすぐ側には小さな飛竜が飛んでいた。
彼の名前はリム。
「…。」
その言葉にリムの横からガルカ族の男が顔を覗かせた。
一言で言ってしまえば大男で、黒っぽい胴衣を身にまとい、腰に爪具を(ナックル)を下げている。
リムと同様その"何か"を見つめているが、表情は険しく、まるで獣のよう…。
しかし、その瞳の奥には優しさを帯び、まるで全てを悟っているようだった。
名を、イルキと言う。
「国は気づいているのでしょうか?」
そしてもう一人。
純白の鎧に身を包み、腰に青い剣、左腕に金色の盾を持ったエルヴァーン族の男。
尖った耳と、この白銀の世界でも美しくなびく銀の髪。
その顔立ちはまさに威風堂々。ただならぬ「聖」のオーラを発していた。
彼の名は、ティネス。
「私は、これに似た現象を街の中でも見ました。しかし、あれだけの人数がいたにも限らず、誰一人として気づいていなかった…。」
「…つまり?」
「…おそらく、国が動く程の情報は愚か、国の人間さえもこの事態に気づいていないかと。」
リムがそう言うと、イルキとティネスは少し難しい顔をして見せた。
―何故、我々には見えるのか?―
二人ともそう考えていた。
今、自分達の目の前に広がっているその現象。
足元は間違いなく降り積もった雪なのに、寸尺前には黒い靄のようなものが渦を巻き、その雪ごと大地を飲み込もうとしているようだった。
「しかし、何故リムさんはその現象がここにもあると…?」
ティネスがリムに訪ねた。
「先の大戦…。」
リムは空を仰ぐ。
―今より20年程前に起こった獣人との大大戦。
各国で展開されていた争いの決着は、このザルカバードでつけられたとされていた。
「なるほど…。もし、その大戦が関係しているとなると、これは我々だけの力ではどうにもなりませんね。」
ティネスの言葉にリムは頷いた。
しばらく沈黙が続き、三人はただ、その現象を見つめた。
不定期な波を放ち、ゆらゆらと黒い渦は回る。
長い間見ていると、こっちまで吸い込まれそうだ。
思わず目を閉じたリムは、一息置いて二人に言った。
「一度戻りましょう。相手にされないかもしれませんが国に報告を。」
「えぇ。」
二人は頷いた。
「!」
その時、イルキが何かに異常な反応を示した。
「…どうしました?」
リムが問いたが、イルキは背後を振り返ると、遠くを睨みつけたまま黙り込んでしまった。
その空気を感じとるように、大気の流れが変わり、吹雪がおさまっていく。
やがて、視界が明け始めるとイルキが小さく言った。
「囲まれている。」
「!?」
二人も異変に気づき、とっさに武器に手を添えた。
晴れていく全景。そこには、多数のアンデッド族や一つ目のアーリマン族が、少しずつ三者に歩み寄る姿があった。
黒い渦の端から端まで少しの隙間もなく集結している。おぞましい殺気だ。
三人はジリジリと後ずさる。もう後がない。
この極寒の地でも、手のひらに嫌な汗が浮かぶのがわかった。
リムが唾を飲み、二人をチラリと見る。
「いけますか?」
「えぇ、もちろん。」
イルキとティネスは少しだけ笑みを浮かべた。リムもそれに応える。
「…では!」
三者は武器を構え、一斉に切りかかった。




夜になり、バストゥークの空には赤い月が登っていた。
それを窓辺から見上げながら、ユミは一人今日の事を思い返していた。
モグに起きた異変。街に突如現れた闇の使い。
夢と同じ事を言ったあの女の人…。そして、その全てに誰も気づいていないこと

結局その事を母にも言い出せぬまま、ユミは一人思い悩んでいた。
(本当に、この世界おわっちゃうのかな…。)
ユミはベッドで眠るモグを見つめ、心の中でそう呟いた。
モグが突然告げた世界の終わり。
まだ半信半疑ながらも、このVana'Dielに何か不吉な事が起きていると、ユミは感じ始めていた。
スポンサーサイト
別窓 | story line | コメント:6 | トラックバック:1 | top↑
<<第肆輪 朝、誰もいない部屋 | FINAL FANTASY XI Note of Dark | 第弐輪 夢の結合>>
グリグリさんへ♪
大変おまたせいたしました<(_ _)>
第肆輪ようやく公開となりました!
このコメントを見ている頃には、きっとグリグリさんの元に呪いメッセージが届いているはず…w
2005-12-11 Sun 10:06 | URL | 月渚 #-[ 内容変更] | top↑
2度目の書き書
おそらく
その3人が登場人物をパクった可能性が!(ぉぃw
ところで第四話今か今かとまっているですますw更新される時はぜひご一報お願いするニャンコ(´・ω・`)v
○追伸○
イニシャルAさんへ
きっとポロリはないと思うのですがwww
@チョコボでドリフトはしないようにwww
2005-12-04 Sun 02:34 | URL | グリグリ #zskq6GdQ[ 内容変更] | top↑
イニシャルAさんへ♪
先越されコメントありがとうございますw
何やら、イニシャルAさんにとってティネスは赤~なイメージみたいですね~。何故でしょう~?w
う~ん不思議だなぁw まったくもって不思議だぁw
誰にも知られていないはずの登場人物なのに、まったく違うイメージがついているなんて・・・(´_ゝ`)
そのチグ・・・って方は一体誰なんでしょう?w【興味があります。】ですw
2005-11-28 Mon 18:30 | URL | 月渚 #-[ 内容変更] | top↑
なぬー
グリグリさんに先を越された~w
俺もその三人の登場人物に何か親近感を覚えますw
チグ…ティネスさんはどうやらナ○トぽいですね?白って。いや赤っぽい気もしてきたw
オバカなのでもう一回読み返してきますε=ε=(ヽ´▽)ノ
【次回予告】
金髪ロン毛ヒュム、湯煙温泉殺人事件!?ポロリもあるかもよ?
そうご期待
2005-11-28 Mon 07:15 | URL | イニシャルA #-[ 内容変更] | top↑
グリグリさんへ♪
コメントありがとうございます(*^-^*)
【興味があります】←まさに作者にとってこの上ないお言葉ですw
どうやらグリグリさんのフレには、例の三人と似た方がおられるようで・・・そっくりさんですかね~?w
う~む、世の中不思議な事がいっぱいですのぉъ(`ー゜)
今後の展開にご期待あれ!!
2005-11-27 Sun 17:06 | URL | 月渚 #-[ 内容変更] | top↑
new登場人物キターー(゜∀゜)---
リム&イキル&チグネス・・・おっと違ったティネス(*´Д`*)
果たして3名は無事生還できるのか!
 そして今後ユミと、この三名がどのようにリンクするのか
大変【興味があります】です!
 次回も楽しみにしています~~ヽ(´ー`)ノ
追伸
新キャラな方たちは勝手なが似た感じのフレに重ね合わせて
妄想中w
2005-11-27 Sun 02:30 | URL | グリグリ #zskq6GdQ[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
ルナス:新装開店!あなたのは~とをわしづかみ☆本日から私、らぶり~ルナスがお送りしていきま~す(*^ _ -)ルナス:ではでは~ さっそくゲストをお呼びしま・・・・ゲフッ・・ …
| FINAL FANTASY XI Note of Dark |

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。